ユー・メディコについて

株式会社ユー・メディコは、2006年に大阪大学の教員が中心となり設立した、受託研究・受託分析を主に扱う会社です。

ユー・メディコでは、「バイオ医薬の品質を世界最高レベルにするための最先端分析を提供する」というミッションのもと、世界最先端のノウハウやテクノロジーを活用し、安心・安全な医薬品づくりを支援しています。
特に、製薬研究分野の超遠心分析、粒子特性評価、HDX-MS、処方検討において、豊富な経験と実績がございます。

お客様の課題を是非ご相談下さい。最適な解決方法をご提案致します。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

超遠心分析(AUC)

超遠心分析(Analytical ultracentrifugation; AUC)は、溶液に大きな遠心力をかけ、溶質が時間とともに沈降する様子を観測し、得られた沈降挙動を解析することで溶質の形状や分子量、分散・会合状態などを明らかにする方法です。

バイオ医薬品の分析において、SECでは観測できないサイズの凝集体もAUCでは観測可能であるケースが多く、バイオ医薬品の凝集体定量に最も適した手法の一つとして、多くの製薬会社に利用されています。一方、AUCの測定と解析には豊富な経験を要します。

ユー・メディコでは、これまで蓄積されたノウハウに基づいて、サンプルごとに最も適した分析条件で測定を行い、世界最高水準の解析結果を提供します。