ユー・メディコでは、Mass Photometry(MP)法の受託分析を実施しています。核酸、タンパク質、AAVベクター等の分子量や個数を測定します。

様々な手法を用い、バイオ医薬品の凝集体濃度やサイズ分布を分析します。

バイオ医薬品の容器への吸着や凝集体分析など、容器内の製品の安定性を評価します。

世界最先端のノウハウやテクノロジーを活用し、安心・安全な医薬品づくりを支援します。

近年、遺伝子治療への超遠心分析(AUC)の利用が必要となってきています。
ユー・メディコでは、アデノ随伴ウイルス(AAV)ベクターの組み換えゲノムを含む完全粒子と
空カプシドの定量の実績がございます。

超遠心分析(AUC)

バイオ医薬品の受託分析、受託研究

ユー・メディコでは、大阪大学で培った世界最先端のノウハウやテクノロジーを通じ、バイオ医薬品の品質管理・分析・製剤開発を総合サポートいたします。
抗体医薬品を中心に、遺伝子治療用ベクターや、ワクチンの分析も実施しています。

PAGE TOP