Mass Photometry法

Mass Photometry(マスフォトメトリー、MP)法は、ガラス基板表面上の試料(1分子)の散乱光強度から、溶液中の生体分子(核酸、タンパク質、AAVベクター、凝集体等)やナノ粒子の個数と分子量を測定する方法です。

 MP法の原理(サンプル:AAVベクター)

MP法では少量サンプルを用いた定量が可能です。例えば、抗体は数nMのサンプルが10 µL程度、AAVベクターは10^12 vg/mLのサンプルが10 µL程度あれば測定できます。

MP法を用い、抗体の会合状態の評価や、抗体と受容体の相互作用解析(解離定数KDの決定)を行います。また、AAVベクターの、空粒子(Empty capsid:EC)、完全粒子(Full particle:FP)の相対比率を短時間で求めることができます。

MP法を用いたAAV8の測定例

Refeyn One

少量のサンプルを用い、短時間で結果が得られる方法ではありますが、再現性を得ることや結果の解釈は簡単ではありません。弊社では、これまでの経験に基づき、高品質な分析結果をご提供いたします。

P2、BSL2

P2、BSL2レベルでの実験に対応しています。

 

PAGE TOP