Mass Photometry法

Mass Photometry(MP)法は、ガラス基板表面の反射光と試料(1分子)のレイリー散乱の干渉光を検出する方法です。MP法により、溶液中の生体分子(核酸、タンパク質、凝集体等)やナノ粒子の分子量分布を測定することが可能です。

PAGE TOP