超遠心分析(AUC)

超遠心分析(Analytical ultracentrifugation; AUC)は、溶液に大きな遠心力をかけ、溶質が時間とともに沈降する様子を観測し、得られた沈降挙動を解析することで溶質の形状や分子量、分散・会合状態などを明らかにする方法です。分析用超遠心装置を用いて試料を分析します。

バイオ医薬品の分析において、SECでは観測できないサイズの凝集体もAUCでは観測可能であるケースが多く、バイオ医薬品の凝集体定量に最も適した手法の一つとして、多くの製薬会社に利用されています。一方、AUCの測定と解析には豊富な経験を要します。

ユー・メディコでは、これまで蓄積されたノウハウに基づいて、サンプルごとに最も適した分析条件で測定を行い、世界最高水準の解析結果を提供します。

近年は、遺伝子治療の分野でAUCが注目されています。アデノ随伴ウイルス(AAV)ベクターは蛋白質のキャプシド(殻)に遺伝子が内包された複雑な構造をとっており、サンプル中には完全な遺伝子が内包されたAAVベクターと遺伝子が空もしくは一部欠損したAAVベクター、さらにはこれらの凝集物が存在することがあります。弊社では、吸収光学系と干渉光学系の同時測定による、AAVベクター試料における完全粒子、不完全粒子、空粒子の定量の実績がございます。

分析メニュー 目的
沈降速度法 沈降係数分布、試料の純度、凝集体の定量、複合体の化学量論、 流体力学的形状、分子量やストークス半径分布、解離会合平衡定数、など
沈降平衡法 分子量、第二ビリアル係数による分子間相互作用の評価、解離会合平衡定数、複合体の化学量論、など

医薬品の申請に必要なデータを取得するための、信頼性保証体制下での試験も実施しています。

PAGE TOP